© 釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス

釧路湿原の保全・再生に参加するには

 
 01  様々な取り組みに参加する

釧路湿原では、湿原の保全や再生に取り組んでいるNPO・NGOがあります。
「ワンダグリンダ・プロジェクト」には、釧路湿原に関わる多種多様な活動が参加しており、個人で参加できる事業もたくさんあります。詳しくはオフィスにお問い合わせください。

 

 

 

 02 自然再生協議会がおこなう取り組みに参加する

自然再生事業の実施計画ごとに、みなさんが自然再生に参加することができる行事をおこなっています。これまで、茅沼地区旧川復元事業地での市民参加のモニタリング調査、達古武・雷別両地区での森林再生活動への参加、達古武湖でのヒシの抜き取り、幌呂地区でのハンノキ林調査やヨシの移植などが行われてきました。これらの行事は、本サイトでもお知らせしていきます。

 

 03  自然再生協議会の構成員となる

毎年11月から12月頃、構成員を募集しています。本サイトでもお知らせします。関心をお持ちの方は、設置要綱、  運営細則  をご覧ください。

 04 ワンダグリンダ・プロジェクトに参加する

「釧路湿原の応援団!ワンダグリンダ・プロジェクト」は釧路湿原を楽しみ、学び、守り、将来に引き継ぐためのプロジェクトです。

釧路湿原の保全や再生につながる活動であれば、個人、団体、企業、学校、サークル、行政機関等、どなたでも参加いただくことができます。

詳しくは以下の「市民参加のワンダグリンダ・プロジェクト」をご覧ください。
 

市民参加のワンダグリンダ・プロジェクト
 

1/3

釧路湿原の自然再生と地域・市民をつなぎ、ネットワークを広げるためのプロジェクトです。

再生普及行動計画オフィスでは釧路湿原自然再生普及行動計画に基づき、毎年度の具体的な取組を広く募集し、情報発信や交流、活動支援等を行っています。

このプロジェクトには、釧路湿原の保全や再生に関わる活動であれば、団体、個人を問わず、参加することができ、

登録された取り組みは、メールニュースや本サイトで紹介させていただくほか、参加団体・個人から報告いただいた取り組み内容を毎年報告書にとりまとめて、様々な場所で配布しています。

※「ワンダグリンダ」とは、「Wonderful」(すばらしい)、「Only One」(ひとつの)、「Greenだ!」を併せた造語

   釧路湿原自然再生普及行動計画の具体的な取り組みの愛称です。

01どんな取組みがあるの?
「ワンダグリンダプロジェクト
活動報告」をご覧下さい

登録いただいた取組みとオフィスの活動内容を掲載した冊子で、毎年6月に前年度の報告書を発行しています。「釧路湿原を応援する」多種多様な取組みがあり、2018年度現在、約60の団体・個人の方に参加(登録)いただいています。

02どうやって参加するの?
 応募用紙をお送りください

2~3月頃に募集広報を行っていますが、参加登録申し込みは年中受け付けています。応募用紙に必要事項を記入し、オフィスまでお届けください。内容を確認のうえ、再生普及小委員会での承認等を経て登録いたします。

※反社会的立場による活動や売名行為等、事業の運営に支障を来す可能性がある場合は、登録をお断りすることがあります

03参加するメリットは?

釧路湿原を利用しながらも守っていこうという気持ち、多種多様な取組みが、さらに意識や参加の輪を広げ、釧路湿原を将来に残していく力につながっていきます。

登録いただいた取組みは様々な場面でPRさせていただくほか、普段はあまり知ることのない「とっておきの釧路湿原」を体験するツアーを年2回行っています。

釧路湿原を守る力につながっていきます

 フィールドワークショップ

​ロゴと登録証

ニュースレターや活動報告での広報