• 行動計画オフィス 再生普及

『ワンダグリンダ☆ニュース』20.3.23号

みなさま、こんにちは。 再生普及行動計画オフィスです。 釧路湿原野生生物保護センター裏の池にカモたちがやってきました。 マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カワアイサ、ミコアイサ などが賑やかに集い楽しませてくれています。 フクジュソウが綺麗に咲き始め、塘路からはアオサギ飛来の知らせが届きました。 引き続きお知らせ申し上げます。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止または延期とする イベントがございます。お申込みが必要なイベント・セミナー等に つきましては、念のために主催者側に開催の有無について確認をし てからお申込みください。また、参加予定のイベント・セミナー等 につきましても、主催者へ開催の有無をご確認ください。 みなさまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解の程、よ ろしくお願いいたします。 ★ 本日のお題 --------------------------- ☆ 各種情報 【釧路市】釧路湿原サイエンスフェア 【開催延期】シンポジウム「炭鉱の町・釧路から地球温暖化を考える」 【鶴居村】春の足音を聴きに行こう 【標茶町】早春の湿原 野鳥観察会 【募集】「釧路湿原MTBクラブ」新規会員募集 【募集】釧路湿原こどもレンジャー登録者募集 【募集】釧路シャケの会 里親募集中! 【募集】「釧路湿原の応援団!ワンダグリンダ・プロジェクト」参加者募集 ----------------------------------------------★ 問合せ等のメールアドレスは迷惑メール防止の為@を☆にしております。 送信の際はお手数ですが☆を@に変え送信ください。 ======================================================= ☆各種情報 ======================================================= 【釧路市】釧路湿原サイエンスフェア 釧路湿原自然再生協議会「湿原学習のための学校支援ワーキンググループ」では、 釧路湿原とその周辺の環境について学んで頂く機会づくりを進めています。 この取り組みの一環で湿原を訪れた、釧路市立中央小学校、釧路町立別保小学校、 標茶町立標茶小学校の5年生が、自分で湿原の生き物や植物などに関する疑問を設 定し、その解決に向けた探究的な学習を行ってきました。 フィールドでの観察、学校での調べ学習、試行錯誤の実験、中間発表会での専門家 からのアドバイスなどを通して、児童それぞれが自分なりに研究を取りまとめました。 このパネル展では、児童がとりまとめた研究発表ボードから一部をお借りし、釧路市 こども遊学館さんと連携して実施いたします。 児童がとりまとめたボードから、身近な自然、動植物、釧路湿原に関心を持っていた だけたら幸いです。 [日時]3月22日(日)~4月12日(日)9:30~17:00     ※3/23、4/6は休館 [場所]釧路市こども遊学館 1階砂場周辺 [内容]北海道教育大学釧路校の境教授に考案いただいた課題探求型の学習手法にな     らって児童が作成したパネル約25枚を展示します。 (参考ホームページ: kushiro-ee.jp/kenpatu_boad/ <http://www.kushiro-ee.jp/kenpatu_boad/index.html>) [主催]釧路市こども遊学館 [共催]環境省 釧路自然環境事務所    (釧路湿原自然再生協議会再生普及小委員会      湿原学習のための学校支援ワーキンググループ事務局) [協力]北海道教育大学釧路校 境智洋教授(地域学校教育専攻 授業開発研究室)     釧路市立中央小学校、釧路町立別保小学校、標茶町立標茶小学校 ☆------------------☆--------------------☆ 【開催延期】シンポジウム「炭鉱の町・釧路から地球温暖化を考える」 3月28日(土)に開催を予定しておりましたシンポジウム「炭鉱の町釧路から地 球温暖化を考える」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため“延期”と いたしました。 改めて延期の時期についてはお知らせいたします。 ---------------------------------------------------------------- 釧路は、自然豊かに恵まれた環境であり、一方で石炭採掘でも一大産業を築いて きた都市です。しかし、すでに石炭産業は国際社会の中でも衰退の一途をたどり つつあります。石炭がもたらす気候変動問題や大気汚染問題は世界的にも大きな 課題です。先進諸国では脱石炭の動きが加速し、イギリスでは2025年、フランス は2021年、カナダは2030年までに石炭火力発電所をすべて廃止する方針を出しま した。そのような中で日本の石炭推進は他国からも大きな批判を受けているとこ ろです。この先、子どもたちにも美しい自然環境や持続可能な社会を残していく ために、釧路としてどのような未来像を描いたらよいのでしょうか。 本シンポジウムでは、石炭がもたらす様々な影響を考えるとともに、世界で今何 が起きているのかを知り、今後私たちがどのような社会を描いていく必要がある のかを考えていきたいと思います。 [日時]3月28日(土)13:30~16:30 [場所]釧路市生涯学習センター まなぼっと幣舞 705/706 [定員]90名 [プログラム] 1.気候の危機は止められるか 科学者からのメッセージ【インターネット中継】    講師:江守 正多 (国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長) 2.大気汚染と健康影響、特にPM2.5について    講師:嵯峨井 勝 (元国立環境研究所・大気影響評価研究チーム・総合研究官) 3.石炭火力発電所をめぐる国内外の動向    講師:桃井 貴子(気候ネットワーク東京事務所長) 4.日本と世界の自然エネルギー動向と釧路の可能性    講師:鈴木 亨(北海道グリーンファンド理事長) 5.パネルディスカッション    パネリスト:江守 正多、嵯峨井 勝、桃井 貴子、鈴木 亨          天城 正則(釧路火力発電所考える会)    コーディネーター: 野村 卓(北海道教育大学釧路校教授) [主催]釧路火力発電所を考える会 [協力]気候ネットワーク、北海道グリーンファンド [後援]環境省北海道環境パートナーシップオフィス     公益財団法人 北海道環境財団     NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」     医療法人道東勤労者医療協会 [問合せ]釧路火力発電所を考える会(倉賀野)      TEL: 090-3893-4671 チラシ: https://www.kikonet.org/wp/wp-content/uploads/2020/01/20200328_kushiro_sympsium.pdf ☆------------------☆--------------------☆ 【鶴居村】春の足音を聴きに行こう 釧路湿原の環境や生態系を中心に学びながら早春の木道を歩きます。 [日時]4月12日(日)10:00~12:00 [定員]15名 [参加費]無料 [開催場所]温根内ビジターセンター周辺 [集合・申込・問合先]温根内ビジターセンター 0154-65-2323 ☆------------------☆--------------------☆ 【標茶町】早春の湿原 野鳥観察会 渡り鳥の中継地シラルトロ湖周辺で、講師の解説を聞きながら野鳥観察を 楽しみます。 [日時]4月18日(土)10:00~12:00 [定員]15名 [参加費]無料 [開催場所]シラルトロ湖・蝶の森周辺 [集合場所]シラルトロ自然情報館駐車場 [申込・問合先]塘路湖エコミュージアムセンター 015-487-3003 ☆------------------☆--------------------☆ 【募集】「釧路湿原MTBクラブ」新規会員募集 本クラブは、主に釧路湿原国立公園周辺をフィールドとして活動し、今もっ とも少エネルギーで、環境に優しい乗り物である自転車(MTB:マウンテ ンバイク)の普及と、釧路湿原国立公園の快適かつ適切な利用の促進、及び 自然保護思想の普及啓蒙に貢献する事を目的としています。 活動内容につきましてはぜひホームページをご覧ください。 自称「野山で自転車遊びの伝道師」のリーダーが優しく楽しくフィールドを ご案内します。 現在、2020年新規会員を募集中しています。初心者や女性も大歓迎です。 きっとタイヤから感じる季節や自然に夢中になるはずですよ。 ただし入会の条件は以下のようなものがあります。  ・18歳以上でタバコを吸わない方。  ・アイドリングストップと暖機運転禁止を実行できる方。  ・自分のゴミは自宅まで持って帰れる方。 Etc… ご興味のある方は、ホームページより本クラブの趣旨等をお読みいただき、メ ールにて「入会伺い」のご連絡をお願いします。 [ホームページ] http://kushiromasa.sakura.ne.jp/ [主催/問合せ] 釧路湿原MTBクラブ  0154-36-1428 (事務局さわだ) ☆------------------☆--------------------☆ 【募集】釧路湿原こどもレンジャー登録者募集 登録者を対象に体験型のイベントを開催し、楽しみながら釧路湿原について 学習します。 [対象]釧路市・釧路町・標茶町・鶴居村内の小学校4~6年生     (登録者の兄弟であれば、小学校低学年でも登録可) [参加費]無料 [申込方法]4月1日(水)より随時、電話で受付け [申込/問合先]釧路湿原国立公園連絡協議会事務局         (釧路市役所環境保全課内)0154-31-4594 ☆------------------☆--------------------☆ 【募集】釧路シャケの会 里親募集中! 『釧路シャケの会』ではただいま“シャケの里親”を募集しています。 「住民にとっても、鮭にとっても共通のふるさとの川を大事にしましょう」という試みです。 釧路川にサケが戻ってくることを実現したい、という思いで今年は36回目になります。 釧路ならではの取り組みにぜひ参加していただきたいと思います。 水槽と酸素供給装置さえあればどこでも育てられます。 稚魚と専用の餌はこちらで提供します。 詳細は下記までお問合せ下さい。 [主催/問合せ先]釧路シャケの会事務局 0154-42-4619          https://shakenokai.exblog.jp/ ☆------------------☆--------------------☆ 【募集】「釧路湿原の応援団!ワンダグリンダ・プロジェクト」参加者募集 ワンダグリンダ・プロジェクトは、釧路湿原を楽しみ、学び、守り、将来に引き継いで いくための様々な活動を「応援団」としてとりまとめ、釧路湿原に関わる参加の輪を広 げていくための取り組みで、環境省釧路自然環境事務所が事務局となって進めています。 下記の様な活動に取り組まれている方、何か始めたいとお考えの方まずは下記連絡先ま でお問合せください。 ぜひ皆さんの取り組みを紹介させてください。 [こんな活動を募集しています] ・釧路湿原の魅力を人々に伝える活動 ・釧路湿原に関する学びの場づくり ・釧路湿原や流域の環境を守る取組み ・これらの活動を人に伝えたり、募金を集めたりして応援する活動 [応募/問合先]  釧路湿原自然再生協議会 再生普及小委員会 再生普及行動計画オフィス  TEL:0154-56-4646  FAX:0154-56-2267  E-mail:wanda☆heco-spc.or.jp  https://www.kushiro-wanda.com/  ※その他詳細は、お気軽にオフィスまでお問合せ下さい ------------------------------------- 釧路湿原自然再生協議会 再生普及行動計画オフィス 〒084-0922 釧路市北斗2-2101 釧路湿原野生生物保護センター内 TEL :(0154)56-4646  FAX:(0154)56-2267 e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp URL:https://www.kushiro-wanda.com/ ------------------------------------- ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 配信停止や配信先の変更を希望される方、 情報提供や協力依頼を希望される方、 またご意見・ご要望等はメールでご連絡ください。 再生普及行動計画オフィス   e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

『ワンダグリンダ☆ニュース』20.11.6号

みなさま、こんにちは。 再生普及行動計画オフィスです。 朝から気持ちの良い秋晴れです。 ヨシの白い穂綿が朝日に照らされ綺麗でした。 木々はすっかり葉を落とし少しさびしくなりましたがその分元気に飛び交う鳥たちの様子が楽しめます。 ★ 本日のお題 --------------------------- ☆ 各種情報 【標茶町】塘路フィールドウォッチング~初冬編~ 【鶴居村】湿原の「かたち」を見て歩こう

『ワンダグリンダ☆ニュース』20.10.26号

みなさま、こんにちは。 再生普及行動計画オフィスです。 朝から気持ちの良い青空が広がっています。 日ごと気温が下がり、湿原はセピア色に染まりました。 今年もオオハクチョウが飛来し、紅葉を背景に飛ぶ美しい光景に目を奪われます。 ★ 本日のお題 --------------------------- ☆ 各種情報 【標茶町】初冬のキノコ講座 【鶴居村】初冬の植物を見に行こう 【標茶町】クリスマスリース

『ワンダグリンダ☆ニュース』20.10.8号

みなさま、こんにちは。 再生普及行動計画オフィスです。 実りの季節を迎えました。 頭上にも足元にも、色形様々な植物の果実が見られます。 木々の紅葉がだんだんと鮮やかになってきましたが湿原でも 低木の小さな葉が美しく色づいています。 ★ 本日のお題 --------------------------- ☆ 各種情報 【標茶町】初冬のキノコ講座 【鶴居村】初冬の植物を見に行こう 【標茶町】クリスマス

© 釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス