• 行動計画オフィス 再生普及

『ワンダグリンダ☆ニュース』20.1.8号

みなさま、こんにちは。

再生普及行動計画オフィスです。


今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


湿原の雪もすっかり無くなり普段は雪の下に隠れて見えない

小さな川の流れや“やちまなこ”の様子まではっきりと観察

することができます。


全道的に少雪の様ですがこの先はどうなるでしょう?



★ 本日のお題 ---------------------------


☆ 各種情報


【釧路市】釧路湿原自然再生協議会「第22回湿原再生小委員会」開催

【釧路市】シルバーシティときわ台ヒルズ2月ヒルズギャラリー

     「釧路湿原自然再生事業」紹介パネル展

【釧路市】シルバーシティときわ台ヒルズ

     “ヒルズギャラリー”オープニングイベント

     特別講演「令和の時代と身のまわりの自然」

【標茶町】釧路湿原フィールドウォッチング

【鶴居村】初めてのスノーシューハイク

【募集】NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト職員募集

【札幌市】連続勉強会「環境学習施設の可能性を考える」

   第6回 実践に使える質的調査と量的調査


----------------------------------------------★

問合せ等のメールアドレスは迷惑メール防止の為@を☆にしております。

送信の際はお手数ですが☆を@に変え送信ください。

=======================================================

☆各種情報

=======================================================


【釧路市】釧路湿原自然再生協議会「第22回湿原再生小委員会」開催


今行われている釧路湿原自然再生の取組に耳を傾けてみませんか?

傍聴席にてどなたでもご参加頂けます。


[日時]1月17日(金)13:30~15:30

[場所]釧路地方合同庁舎5階 共用第1会議室

    (釧路市幸町10丁目3番地)

[議題]

 1)幌呂地区湿原再生事業について(国土交通省 北海道開発局釧路開発建設部)

 2)達古武湖自然再生事業について(環境省 釧路自然環境事務所)

 3)広里地区自然再生事業について(環境省 釧路自然環境事務所)

[主催]釧路湿原自然再生協議会 運営事務局

[問合先]国土交通省 北海道開発局 釧路開発建設部治水課(環境担当)

     0154-24-7250


☆------------------☆--------------------☆


【釧路市】シルバーシティときわ台ヒルズ2月ヒルズギャラリー

     「釧路湿原自然再生事業」紹介パネル展


2月のギャラリーでは釧路湿原で行われている自然再生事業をパネルで

紹介しています。湿原クラフト作品も展示致します。

ぜひ、足をお運びください。


[日時]2月1日(土)~2月27日(木)9:00~17:00 

[場所]シルバーシティときわ台ヒルズ ヒルズギャラリー

    (釧路市春採7丁目5番1号)

[入場]無料

[申込]不要

[主催/問合先]シルバーシティときわ台ヒルズ 0154-46-8811

[協力]釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス


☆------------------☆--------------------☆


【釧路市】シルバーシティときわ台ヒルズ

     “ヒルズギャラリー”オープニングイベント

     特別講演「令和の時代と身のまわりの自然」


昨年の春に元号が変わり、今年は元旦から令和という新たな元号のもと一年が

始まりました。はたして令和の今年はどのような一年になるのでしょうか?

かつて、災害や国を揺るがす大事件が起きた時には、日本ではよく元号が変わ

ったものです。一方、身のまわりの自然はいつも悠々としたものであったわけ

ではなく、時代に連れ添うように少しづつ移り変わってきました。新たな元号

のもとで安寧な暮らしと盤石な自然を願い、この自然文化講座が自然を考える

ささやかな機会になればと願っています。


[日時]2月2日(日)14:00~15:00

[場所]シルバーシティときわ台ヒルズ 1階ヒルズホール

    (釧路市春採7丁目5番1号)

[講師]菊地義勝氏(釧路国際ウェットランドセンター事務局長)

[参加費]無料

[申込]不要

[主催/問合先]シルバーシティときわ台ヒルズ 0154-46-8811


☆------------------☆--------------------☆


【標茶町】釧路湿原フィールドウォッチング


スノーシューで雪のフィールドを散策しながら釧路湿原の自然や遺跡を

観察します。


[日時]2月8日(土)10:00~12:00

[開催場所]シラルトロ湖・蝶の森周辺

[定員]10名

[参加費]無料

[集合場所]シラルトロ自然情報館駐車場

[申込/問合先]塘路湖エコミュージアムセンター 015-487-3003


☆------------------☆--------------------☆


【鶴居村】初めてのスノーシューハイク


スノーシューってどんなの?初心者さんでも安心して参加できます。

雪に覆われた釧路湿原を歩いてみましょう。


[日時]2月16日(日)10:00~12:00

[開催場所]温根内ビジターセンター周辺

[定員]10名

[参加費]無料

[集合/申込/問合先]温根内ビジターセンター 0154-65-2323


☆------------------☆--------------------☆


【募集】NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト職員募集


特定非営利活動法人霧多布湿原ナショナルトラストでは、自然体験、野外活動、

総合学習、文化・芸術活動などの様々な体験を通じて、霧多布湿原の保全、環

境教育の推進、自然と共存するまちづくりを目指し、活動しています。


詳しくは募集要項

http://www.kiritappu.or.jp/wp/wp-content/themes/nationalTrust/pdf/

recruiting.2020.pdfをご覧ください。


[職種]霧多布湿原センターのミュージアムショップ・カフェ業務を中心とした

ビジターセンター業務

[業務内容]受付、ミュージアムショップ・カフェに関する業務、そのほかビジ

ターセンター運営に関わる業務全般、霧多布湿原ナショナルトラストの活動に関

わる業務等

[募集人数]正規職員 1名

[給与等]基本給 152,500円~(経験によって変動あり)

 ※そのほか定額的に支払われる通勤手当等あり

[履歴書送付期限]令和元年12月23日(木)~令和2年1月17日(金)まで

 ※令和2年1月17日当日消印有効

[採用までの予定]書類審査を通過した方には、1月24日以降に電話にてご連絡します。

2次審査は面接になります。面接は2月1日以降本人と日程調整の上、随時行います。

[応募資格]・普通免許(AT限定不可)、または取得予定の者

・高等学校卒業予定者もしくは、それと同等以上の者

・Word、Excel、Powerpoint等のパソコン操作技術を有する者

※その他、業務に関わる経験や有資格者(例:英語、デザイン、調理師等)優遇

[応募書類]・履歴書(写真貼付)

※履歴書には、申し込み前3ヵ月以内に撮影した写真(脱帽上半身正面向・縦4cm×横3cm)

を貼付してください。

・自己PR文(A4用紙1枚、形式自由)

・作文(テーマ:霧多布湿原センターで自身がやりたいこと・できること、文字制限1,000字以内)

[履歴書送付先・問い合せ先]

NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(担当:工藤)

〒088-1532 北海道厚岸郡浜中町琵琶瀬60

TEL:0153-62-4600 FAX:0153-62-4700


☆------------------☆--------------------☆


【札幌市】連続勉強会「環境学習施設の可能性を考える」

   第6回 実践に使える質的調査と量的調査


 施設の運営評価は、来訪者数など単純に把握できる数値に偏りがちですが、そう

した「量」だけを指標とする評価には限界があります。また、施設には、その設置

目的に応じて来館者の反応を把握し、展示や活動等による学習効果を高めていくた

めの評価と改善が求められますが、そうした手法が確立・普及しているわけではあ

りません。今回は、科学技術コミュニケーション専門家をお招きし、そうした定性

評価の実例を元にした施設の改善例や、アンケートなどの量的調査を外部戦略に活

用する事例をお聞きし、施設の運営評価への活用の可能性について考えてみたいと

思います。施設に限らず、セミナーやイベント等の活動の評価・改善に関心のある

みなさまも是非ご参加ください。


[日時]1月23日(木)14:30~16:30(開場14:00)

[会場]札幌エルプラザ公共4施設2階 会議室1・2

    (札幌市北区北8西3丁目)

[定員]50名(参加無料/どなたでも参加できます)

[内容]

1.講演「実践に使える質的調査と量的調査」(約60分)

  講師:奥本 素子さん(北海道大学高等教育推進機構オープン

  エデュケーションセンター科学技術コミュニケーション教育研

  究部門(CoSTEP)准教授)

  プロフィール:1980年、福岡生まれ。博士(学術)。博物館を

  中心にインフォーマルラーニングについて、教育工学的手法に

  のっとり研究を進めている。また業務においては、生涯学習、

  サイエンスコミュニケーションなどに携わっている。

2.質疑応答・意見交換(約50分)

[主催]環境中間支援会議・北海道

 ※ 環境中間支援会議・北海道とは?

  札幌を拠点に環境保全活動の支援を担う、環境省北海道環境

  パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団、

  札幌市環境プラザ、NPO法人北海道市民環境ネットワークの

  4つの組織による共同事業体です。今回のような勉強会の他、

  北海道内の環境保全活動に関する情報発信や書籍の刊行等を

  協働で実施しています。( http://enavi-hokkaido.net/ )

[お申し込み]

 https://epohok.jp/event/11085 のフォームに入力いただくか、

 または、Email、電話で下記まで[お名前][ご所属][連絡先]をお

 知らせください。

[連絡先]公益財団法人北海道環境財団(担当:久保田)

 札幌市中央区北4条西4丁目1番地伊藤加藤ビル4階

 E-mail epoh-webadmin@epohok.jp tel 011-218-7811


-------------------------------------

釧路湿原自然再生協議会

再生普及行動計画オフィス

〒084-0922 釧路市北斗2-2101

釧路湿原野生生物保護センター内

TEL :(0154)56-4646  FAX:(0154)56-2267

e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp

URL:http://www.heco-spc.or.jp/kushiro/

-------------------------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


配信停止や配信先の変更を希望される方、

情報提供や協力依頼を希望される方、

またご意見・ご要望等はメールでご連絡ください。


再生普及行動計画オフィス 

 e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp


0回の閲覧

© 釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス