• 行動計画オフィス 再生普及

『ワンダグリンダ☆ニュース』19.4.11号

みなさま、こんにちは。

再生普及行動計画オフィスです。


野生生物保護センター裏の池には数年ぶりにオオハクチョウが飛来しています。

マガモ、コガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ、ミコアイサ、カワアイサなどカモの仲間たちも集合し賑やかです。

先日、マガモの求愛行動が見られました。

エゾエンゴサクも咲き始めました。

春ですね。



★ 本日のお題 ---------------------------


☆ 各種情報


【浜中町】五味和男絵画展「私の好きな霧多布」-雨の日も、晴れの日も-

【浜中町】パネル展「ラッコの住む霧多布島」

【釧路市】展示解説「ようこそ釧路へ」2019

【標茶町】春の湿原 野鳥観察会

【鶴居村】アイヌ民族が利用した植物~春編~

【鶴居村】早朝バードウォッチング

【釧路町】湿原再生の森づくり「春の緑化祭!」

【募集】「雷別ドングリ倶楽部」会員募集

【お知らせ】「釧路湿原ふれあい行事」のチラシができました


☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(屈斜路湖)



----------------------------------------------★

問合せ等のメールアドレスは迷惑メール防止の為@を☆にしております。

送信の際はお手数ですが☆を@に変え送信ください。

=======================================================

☆各種情報

=======================================================


【浜中町】五味和男絵画展「私の好きな霧多布」-雨の日も、晴れの日も-


五味和男さんが描く霧多布の風景は、天気の良い日ばかりではありません。

時に寒々しい、今にも雪が降りだしそうな絵もあります。五味さんは「自分の

描く絵は日記です」「嘘は描けません」とおっしゃいます。

 今回の企画展を通じ、晴れの日ばかりが「絵になる風景」とは限らない、た

とえどんな天気でも、霧多布の風景は美しいのだということを、来館者の皆さ

んに感じて頂ければ幸いです。


[日時]3月20日(水)~5月8日(水)9:00~17:00

    ※4月中は火曜日休館

[会場]霧多布湿原センター2F会議室 

[主催]NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト

[協力]五味和男・森池保華

[問合先]霧多布湿原センター 0153-65-2779


☆------------------☆--------------------☆


【浜中町】パネル展「ラッコの住む霧多布島」


霧多布は元々は島でした。人が住み、橋をつくり本土と地続きになりました。

そんな場所にラッコが居つき一年中見られるようになり、2018年には子供が生

まれました。ラッコは日本では一度絶滅した動物です。人の住む地で再び子育

てしたのは霧多布が初めてとなりました。今後安定した繁殖地になるか見つめ

ていきます。

ラッコとの共生を考えていくために、まずは知ってください彼らのことを。


[日時]4月1日(月)~4月21日(日)9:00~17:00

    ※4月中は火曜日休館

[会場]霧多布湿原センター2F タンチョウホール

[主催]NPO法人エトピリカ基金

[問合先]霧多布湿原センター 0153-65-2779


☆------------------☆--------------------☆


【釧路市】博物館常設展示解説「ようこそ釧路へ」2019


釧路の自然と歴史について、当館の常設展示室で学芸員が解説します!

釧路へ転入されてきた方々だけでなく、あらためて釧路について知りたいとい

う方や、これまで博物館に足を運ばれる機会がなかった方々も、ぜひご参加く

ださい。

2日間開催しますが、解説を担当する学芸員が異なりますので、詳しく取り上

げるテーマが異なります。2日間とも参加して、より展示室を楽しむこともで

きますよ。


[日時]4月20日(土)・21日(日)各日とも13:30~14:30

[会場]釧路市立博物館常設展示室(入口マンモスホール集合)

[参加費]無料

[事前申込]不要

[その他]常設展示室入館料が無料です

[主催/問合先]釧路市立博物館 0154-41-5809


☆------------------☆--------------------☆


【標茶町】春の湿原 野鳥観察会


フィールドを散策しながら湿原の野鳥を観察します。


[日時]5月4日(土・祝)10:00~12:00

[定員]15名

[参加費]無料

[開催場所]シラルトロ湖・蝶の森周辺

[集合場所]憩の家かや沼駐車場

[申込/問合先]塘路湖エコミュージアムセンター

        015-487-3003


☆------------------☆--------------------☆


【鶴居村】アイヌ民族が利用した植物~春編~


アイヌ民族が利用した植物を観察しながら、彼らの知恵を学びます。

 

[日時]5月12日(日)10:00~12:00

[定員]15名

[参加費]無料

[集合/申込/問合先]温根内ビジターセンター

         0154-65-2323


☆------------------☆--------------------☆


【鶴居村】早朝バードウォッチング


釧路湿原は繁殖期を迎えた野鳥のさえずりで大賑わい。

何種類の鳥を見つけられるでしょうか?

 

[日時]5月19日(日)8:00~10:00

[定員]15名

[参加費]無料

[集合/申込/問合先]温根内ビジターセンター

         0154-65-2323


☆------------------☆--------------------☆


【釧路町】湿原再生の森づくり「春の緑化祭!」


達古武湖を見ながら、植樹に参加しませんか?


[日時] 5月19日(日)9:30~12:00※雨天中止

[集合場所]釧路町郷土資料館達古武分室前(国道391号線沿)

      ※集合場所から現地間は送迎致します。

[活動場所]釧路町達古武のトラストサルン自然保護地

[持ち物]飲み物、汚れても良い服装、長靴

[参加費]無料

[申込]不要

[問合せ]NPO法人トラストサルン釧路 事務局

     電話:0154-44-5022   FAX:0154-44-5023


☆------------------☆--------------------☆


【募集】「雷別ドングリ倶楽部」会員募集


シラルトロ湖に注ぐシラルトロエトロ川の最上流部にある雷別国有林(川上郡

標茶町雷別)には、林齢が70 年を超える森林が広がっていますが、平成12 年

にその一部のドドマツ人工林が立ったまま枯れてしまう被害に遭い、笹地とな

ってしまった箇所があり、釧路湿原森林ふれあい推進センターでは、様々な種

類の広葉樹を計画的に植栽する等、雷別国有林の自然再生(森林再生)に取組

んでいます。今回、会員を募る「雷別ドングリ倶楽部」は、平成19 年7 月から

活動しており、雷別国有林の「森林づくり活動」等に、継続的に関わっていた

だいているボランティアの方々の集まりです。


[募集人数]25名(先着順とします)

[募集締切]4月30日(火)

      ※募集人数に達し次第締切とします。

[活動予定]

1.8月28日(水)標茶研究林での自然観察等

2.10月16日(水)広葉樹の植樹と保護管の被覆

3.2月5日(水)次年度の計画策定等

[その他]各自で「ボランティア活動保険」等への加入をお願いします。

[問合先・応募申込先]

北海道森林管理局 釧路湿原森林ふれあい推進センター(担当:川渕)

〒085-0825 釧路市千歳町6番11号

【TEL】0154-44-0533【FAX】0154-41-7305【E-mail】h_kushiro_f@maff.go.jp

【URL】http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/kusiro_fc/index.html


☆------------------☆--------------------☆


【お知らせ】「釧路湿原ふれあい行事」のチラシができました


2019年度の「釧路湿原自然ふれあい行事」の年間予定が書かれたチラシ(A3サイズ)が出来ました。毎月の温根内ビジターセンター、塘路湖エコミュージアムセンターでの行事をご紹介しています。

チラシの行事をきっかけに釧路湿原にお出かけ下さい。


[チラシ配布場所] 

 周辺市町村役場(釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村)、

 温根内ビジターセンター、塘路湖エコミュージアムセンター、

釧路湿原野生生物保護センター

[主催/問合せ]釧路湿原国立公園連絡協議会 0154-31-4594


=======================================================

☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(屈斜路湖)

=======================================================


知っているとお出かけが楽しくなるアイヌ語知識。

旬なお話をお送りしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


釧路湿原を流れる釧路川の水源、屈斜路湖。アイヌ語で屈斜路は喉口の意味を持つクッチャル「kut-car(喉・口)」で、沼から水の流れる出口の所につけられた地名です。アイヌの人たちはかつて大きな湖は、ただ「トー(湖)」と呼ぶのが普通だったそうです。コタン単位での生活では、それで不自由はしなかったのでしょうね。

けれど、和人にとっては湖名がないと不都合だったのか、クッチャロ(湖口)のそばにあるクッチャロコタン(村)の名をとって屈斜路湖と呼ぶようになったそうです。

松浦武四郎の地図では屈斜路湖は「クスリ湖」になっていますね。クスリペツ(釧路川)の水源の湖ということでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


-------------------------------------

釧路湿原自然再生協議会

再生普及行動計画オフィス

安田 智子

〒084-0922 釧路市北斗2-2101

釧路湿原野生生物保護センター内

TEL :(0154)56-4646  FAX:(0154)56-2267

e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp

URL:http://www.heco-spc.or.jp/kushiro/

-------------------------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


配信停止や配信先の変更を希望される方、

情報提供や協力依頼を希望される方、

またご意見・ご要望等はメールでご連絡ください。


再生普及行動計画オフィス 

 e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

0回の閲覧

© 釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス